【パリダカ】最終レグ---三菱が史上最多、9回目の優勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【パリダカ】最終レグ---三菱が史上最多、9回目の優勝
  • 【パリダカ】最終レグ---三菱が史上最多、9回目の優勝
  • 【パリダカ】最終レグ---三菱が史上最多、9回目の優勝
  • 【パリダカ】最終レグ---三菱が史上最多、9回目の優勝
テレフォニカ・ダカール2004(通称パリダカ)で、パジェロ・エボリューションを駆るフランス人のステファン・ペテランセルが総合優勝し、三菱としてパリダカ史上最多の9度目の優勝、4連覇を達成した。

今回で26回目となった2004年パリダカは、1日にフランス中南部の都市クレルモンフェランをスタートし、18日にセネガルの首都ダカールにゴールした。

三菱自動車チームは前回総合優勝の増岡浩選手、ペランセル選手、ミキ・ビアシオン選手の3人がパジェロ・エボリューション、アンドレア・マイヤー選手がパジェロで出場した。

ラリーは3日目にペランセル選手が総合トップに出て、第6、7レグで増岡がトップに踊り出たがシフトミスで後退、ペランセル選手が逃げ切った。増岡選手はトップとの差49分24秒で第2位となり、三菱のワン・ツーフィニッシュとなった。トップ・テンのうち、三菱車は1位、2位、5位、10位だった。

カミオン部門に参加した菅原義正(日野レンジャープロFT)は部門総合5位でフィニッシュ。


■最終総合成績(第17レグ終了)
順位ドライバー車両タイム

1:ペテランセル 三菱パジェロエボリューション 53時間47分37秒
2:増岡浩 三菱パジェロエボリューション 49分24秒※
3:シュレッサー シュレッサー・フォード 3時間00分33秒
4:アルファン BMW・X5 3時間55分58秒
5:マイヤー 三菱パジェロ 5時間46分17秒
6:サビー VWトゥアレグ 6時間54分03秒
7:ドゥビリエ 日産ピックアップ 8時間06分11秒
8:ドメビウス BMW・X5 9時間34分45秒
9:マニャルディ ホンダ・バギー 10時間00分36秒
10:アルアティヤ 三菱パジェロ 10時間01分28秒
11:コルバーグ 三菱パジェロ 13時間23分27秒
12:ドゥラベルニュ 日産テラノ 15時間52分01秒
13:ホウジアクス 三菱パジェロ 17時間28分39秒
14:コモルニッキ 三菱パジェロ 19時間42分30秒
15:ポンサワン 三菱ストラーダ 19時間59分51秒
20:マクレー 日産ピックアップ 24時間25分47秒
22:池町佳生 日産パトロール 27時間09分32秒
47:ディン 三菱パジェロ 51時間31分50秒
※2位以下はトップとの差
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集