BMWの新型電動セダン『i5』、エントリーモデルの車名が意外なところから判明?

BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)

BMWは現在、主力『5シリーズ』のフルエレクトリックバージョン(BEV)となる『i5』を開発中だが、そのエントリーグレードと思われる車両のプロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

トランスポーターから降ろされている所を撮影したプロトタイプは、一見これまでよりカモフラージュ重いように見えるが、シルバーのカバーの下は生産ボディだ。ドライバー側のドア周りは露出しており、ドア下部の「アップスロープ」キャラクターラインも確認できる。またサイドミラーやピラーなどは現行型5シリーズに似ていることもわかる。

BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)

注目はフロントウィンドウにテープで留められた出荷書類だ。ウィンドウ中央下部に貼られた書類を拡大すると「I5 40」と明記されていることから、これがエントリーモデルであることが予想される。

キャビン内には、12.3インチのドライバーディスプレイと14.9インチのインフォテイメントシステム用のデジタルスクリーンのペアを装備。そのレイアウトはフラッグシップEVセダン『i7』と非常に似ている。ディスプレイはダッシュボード最前面に配置され、ドライバーの利便性・視認性を高めるためにわずかにカーブしているほか、センターコンソールのコントロールもi7のレイアウトに似ていることがわかる。

BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)BMW i5 のエントリーモデルと思われる「i5 40」プロトタイプ(スクープ写真)

i5は、次世代5シリーズと共通の「CLAR」プラットフォームを採用。市販型では、70kWhから100kWhの範囲のバッテリーパックを備えるシングルモーター+後輪駆動、及びデュアルモーター+全輪駆動のバリエーションがラインアップが予想されている。エントリーモデルの「i5 40」では、シングルモーターを採用、最高出力400~450ps程度に設定されると思われる。

i5のワールドプレミアは2023年と予想されていたが、最新情報では2022年内もあり得るという。

《Spyder7編集部》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集