ヒョンデ『アイオニック5』、世界EV賞の第1号に…ニューヨークモーターショー2022

ヒョンデ・アイオニック 5(ニューヨークモーターショー2022)
  • ヒョンデ・アイオニック 5(ニューヨークモーターショー2022)
  • メルセデスベンツ EQS
  • アウディ e-tron GT
  • ヒョンデ・アイオニック 5(米国仕様)
  • ヒョンデ・アイオニック 5(米国仕様)
  • ヒョンデ・アイオニック 5(ニューヨークモーターショー2022)

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は4月13日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2022において、「2022ワールドEVオブザイヤー」をヒョンデ『アイオニック5』に授与すると発表した。

「ワールドEVオブザイヤー」は、電気自動車市場の世界的な拡大と、環境に配慮した自動車メーカーの取り組みを支援することを目的として、今回初めて創設された賞だ。

2022ワールドEVオブザイヤーの結果は以下の通り。

●ヒョンデ・アイオニック5(815点)
●メルセデスベンツEQS(786点)
●アウディe-tron GT(779点)

アウディとメルセデスベンツのドイツ2メーカーの新世代EVを抑えて、ヒョンデのアイオニック5が選出された。ヒョンデのアイオニック5は、2022年2月に日本市場にも導入された。72.6kWhの大容量バッテリー搭載モデルは、 1回の充電で618kmの航続を可能にしている。

《森脇稔》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集