アストンマーティン『V12ヴァンテージ』、ティザー…2022年に復活へ

アストンマーティン V12ヴァンテージ のティザー写真
  • アストンマーティン V12ヴァンテージ のティザー写真
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 現行型(参考)
  • 先代に設定されていたアストンマーティン V12 ヴァンテージ S(参考)
  • 先代に設定されていたアストンマーティン V12 ヴァンテージ S(参考)
  • 先代に設定されていたアストンマーティン V12 ヴァンテージ S(参考)

アストンマーティンは12月21日、2022年に復活させる予定の『V12ヴァンテージ』(Aston Martin V12 Vantage)の最新ティザー映像を公開した。

2017年に発表された現行『ヴァンテージ』は、V8エンジン搭載車のみで、V12エンジン搭載車は用意されていない。先代ヴァンテージには2013年5月から、『V12ヴァンテージS』が設定されていた。

V12ヴァンテージSは、6.0リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力は573ps/6750rpm、最大トルクは63.2kgm/5750rpmを獲得。トランスミッションは7速MTまたは7速AT「スポーツシフト」。0~100km/h加速3.9秒、最高速330km/hの性能を可能にしていた。

アストンマーティンは2022年、V12ヴァンテージを復活させる計画で、限定のファイナルエディションになる予定だ。最新ティザー映像では、大型のリアウイングが装着された同車が、迫力のV12サウンドを届けている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース