復活のワーゲンバス『ID.BUZZ』乗用車バージョンを初スクープ!内装も激写

VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

「ワーゲンバスの復活」と話題の、VWが開発を進める次世代ミニバン『ID.BUZZ』。その最新プロトタイプのエクステリア、そしてキャビン内を鮮明に撮影することに成功した。

ID.BUZZはカーゴバージョンと乗用車バージョンで提供されるフルエレクトリックバンで、そのルックスは、Tシリーズの前身である『タイプ2』(通称:ワーゲンバス)の再来ともいわれる。2017年にコンセプトカーが公開されてから4年の歳月を経て、いよいよ市販型がワールドプレミアされる。

9月には「IAAモビリティ2021」にてプロトタイプが公開されたが、後部ウィンドウはパネルで覆われたカーゴバージョンだった。またこれまで捉えたスパイショットもパネルバンだったため、両側に引き戸とサイドウィンドウが付いた乗用車バージョンのスクープは今回が初めてだ。

VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
捉えたプロトタイプは、高度な自動運転システムを開発するための一連のカメラとセンサーを搭載している。ヘッドライトはテープでカモフラージュされ黒い部分がフェンダーまで伸びているが、実際はもっとコンパクトになる。テールライトも同様に、よりワイドなデザインに偽装している。

キャビン内では、ハンドルの奥に湾曲したデジタルメーターパネルを装備。中央のダッシュボードには大型のフローティングスタイルのタッチスクリーンを配置するなど、IDファミリーとしてインテリアデザインの多くを共有していることがわかる。

VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)VW ID.BUZZ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
ID.BUZZは『ID.4』と共有する「MEB」プラットフォームを採用。48kWh~111kWhのバッテリーを積み、3つのパワーレンジが選べる。ベースモデルは後輪駆動で、最高出力は200psを発揮。AWDはオプションとなり、最高速度は160km/hに設定される。

さらに111kWhバッテリーを積むトップモデルは、前後車軸にモーターを搭載、システム合計300psを発揮し、航続は342マイル(550km)を実現。また太陽光を利用して航続距離を最大15km伸ばすソーラーパネルルーフが用意されるという。

令和のワーゲンバスとも言えるID.BUZZ市販型の発売は、欧州市場が2022年内、米国市場は2023年の発売が予想されている。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース