トヨタ ヤリス 新型が最終選考に、日本車で唯一…欧州カーオブザイヤー2021

欧州カーオブザイヤー主催団体は1月8日、「欧州カーオブザイヤー2021」(Car of The Year 2021)の最終選考7車種を発表した。

欧州カーオブザイヤーは、今年で34回を数える。欧州の20か国以上、約60名のジャーナリストが、欧州市場で2020年に発売された新型車の中から、ベストな1台を選出する。条件は、欧州の5か国以上で販売されているモデルであること。

欧州カーオブザイヤー2021の最終選考7車種は以下の通り。

●シトロエンC4
●クプラ・フォーメンター
●フィアット500
●ランドローバー・ディフェンダー
●シュコダ・オクタビア
●トヨタ・ヤリス
●フォルクスワーゲンID.3

日本メーカー車では、トヨタの新型『ヤリス』が唯一、最終選考に残った。最初にノミネートされていたトヨタ『MIRAI』新型、『ホンダe』と新型『ジャズ』(日本名:『フィット』に相当)、マツダ『MX-30』は、最終選考に進めなかった。

ドイツ勢では、フォルクスワーゲンの新世代EVの『ID.3』が、最終選考に駒を進めた。新型『ゴルフ』は脱落。メルセデスベンツの新型『CLA』と新型『GLB』、新型『GLS』、新型『Sクラス』、BMWの『2シリーズグランクーペ』と新型『4シリーズ』、アウディの『A3スポーツバック』新型は、最終選考に進んでいない。

その他の欧州勢からは、シトロエンの新型『C4』、ランドローバーの『ディフェンダー』新型、EVになったフィアット『500』新型などが、最終選考に進んでいる。

欧州カーオブザイヤーは前回、プジョー『208』新型が、受賞した。プジョー208新型には、初のEVとして、『e-208』をラインナップする。欧州カーオブザイヤー2020に輝いた新型プジョー208を含めて、2位のテスラ『モデル3』、3位のポルシェ『タイカン』と、上位3車種がEVだった。

なお、欧州カーオブザイヤー2021は、2021年3月1日に発表される予定だ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【日本カーオブザイヤー2020-2021】今年の一台は『スバル レヴォーグ』に栄冠、インプレッサ以来4年ぶり 画像 【日本カーオブザイヤー2020-2021】今年の一台は『スバル レヴォーグ』に栄冠、インプレッサ以来4年ぶり
  • ホンダ『フィット』とプジョー『208』にカーオブザイヤー…日本自動車殿堂2020-2021 画像 ホンダ『フィット』とプジョー『208』にカーオブザイヤー…日本自動車殿堂2020-2021
  • RJCカーオブザイヤーに ヤリス/ヤリスクロス…トヨタ23年ぶり、3度目の受賞[新聞ウォッチ] 画像 RJCカーオブザイヤーに ヤリス/ヤリスクロス…トヨタ23年ぶり、3度目の受賞[新聞ウォッチ]
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース