【ランドローバー ディフェンダー 新型試乗】万人受けするディフェンダーが出来上がった…中村孝仁

ボディパネルの構成に隔世の感

どことなくその姿を見て、甲冑を着た武士のような印象を持った。その姿、先代の『ディフェンダー』とはまるで違う。でも、どことなく先代を彷彿させるイメージを何となく残しているのはうまいデザインだと思う。写真とスペックで初対面した時に思ったことは、こんなにデッカくなっちゃって…であった。

全長こそ5m以下に抑えられていて、先代でも長いのは4600mmを超えていたから、まあ仕方ないかな…であったものの、全幅の方は1995mm。先代は1800mm以下であるから、こりゃデカいとなるわけである。と言っても時代の流れだからこれも仕方ないで済ましてしまおう。

ランドローバー ディフェンダー 110
で、実車と対面するとその大きさもさることながら出来の良さ、特にボディパネルの構成に隔世の感があった。先代と来たら、ボディパネルにはリベットがバチバチ、平面は平気で波打っていたし、ドアヒンジは剥き出し。まあ無骨という言葉で片付けてしまえばそれまでだが、要するに都会的なイメージのまるでないクルマだった。

それを逆手に取って都会で乗り回すのがお洒落といえばお洒落。そのあたりはメルセデスベンツ『Gクラス』にも共通する。

要するに「有り」である

ランドローバー ディフェンダー 110
それがである。新しいのと来たら、まあ見事なほどツルンとしたコラーゲンたっぷりのボディパネルに変身し、厳つさとか無骨さはその形にこそ残すものの、これなら都会で走ってもお似合いというほど綺麗になった。

先代のそれは、はっきり言って人間工学などまるで無視したメーター配置、スイッチ類の配置だったものが、ニューモデルは既存ランドローバー各車のそれに倣って、十分に高いエルゴノミクスを持つ。だから使いやすいし、どこに何があるかはおおよそ想像も付く。このあたりが先代とまるで違うところである。

と、こう書いて実は僕は先代の否定派ではない。むしろ大好き派であったところに問題があって、それが写真で見た時の何となく拒否した印象となったのだと思う。しかし、対面してそれは見事に変わった。要するに「有り」である。

ランドローバー社のモデルはこれまでに初代『ディスカバリー』を所有したことがあるが、あの当時はレンジローバーを除けば俗に言うドン臭さを売りにしていた。ディフェンダーもまさにそれだったように思うが、今では完全に洗練を売りにしている。

万人受けするディフェンダーが出来上がった

ランドローバー ディフェンダー 110
よじ登ると表現するに相応しいほど高いコックピットにたどり着くと、周囲をパッドで囲まれて、少しドライバー側に浮いたような直線的なダッシュボードが広がる。で、そのパッドの後方に何故かベンチレーターの吹き出し口が存在する。

これじゃフェイスレベルには当たっても、下方向はダメじゃん…などと思いながら試乗を始めると、これが何と見事なほど下方面をカバーして、夏のような日差しがあった試乗当日は当然冷房が入っていたのだが、その冷気が太ももに当たるのを感じられるくらい下方向にまで空気流が届く。恐らく相当にエアの流れを研究したデザインなのだろう。吹き出し口の角度を変えるとあらゆる方向に、冷気もしくは暖気を送り届けてくれることがわかった。

ランドローバー ディフェンダー 110
車重は優に2トンを超え2.3トンに近い。その巨体にいくらターボが付くとはいえ直4、2リットルである。それでも一応300ps、400Nmのパフォーマンスを持っている。なので、首都高を走り、第3京浜を法定速度程度で流すような使い方では全く不満は出ない。勿論、最近はすっかり道路の流れが遅くなって、街中だと出ていても50km/h程度だから、加速で離されることもなく、動力性能的には何の不満もない。

何より、従来のラダーフレームからモノコックに変わり、しかも外見だけでなく中身の強固さも格段に増したから、乗り心地が良く実際室内にいると守られ感もハンパなく高い。まさに鎧を着たクルマである。

使い勝手についてもラゲッジスペースは端っから汚れ物を想定したディフェンダーらしい作りにしているから、ヘビーデューティー志向の人にはもってこい。何となく万人受けするディフェンダーが出来上がったように感じた。

ランドローバー ディフェンダー 110

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
おすすめ度:★★★★★

中村孝仁(なかむらたかひと)AJAJ会員
1952年生まれ、4歳にしてモーターマガジンの誌面を飾るクルマ好き。その後スーパーカーショップのバイトに始まり、ノバエンジニアリングの丁稚メカを経験し、さらにドイツでクルマ修行。1977年にジャーナリズム業界に入り、以来43年間、フリージャーナリストとして活動を続けている。また、現在は企業やシニア向け運転講習の会社、ショーファデプト代表取締役も務める。

《中村 孝仁》

編集部おすすめのニュース

  • 【メルセデスベンツ Gクラス 新型試乗】究極のボディオンフレーム4WDディーゼル…中村孝仁 画像 【メルセデスベンツ Gクラス 新型試乗】究極のボディオンフレーム4WDディーゼル…中村孝仁
  • 【ランドローバー ディフェンダー 新型試乗】偉大な古典からの“現代語訳版”…島崎七生人 画像 【ランドローバー ディフェンダー 新型試乗】偉大な古典からの“現代語訳版”…島崎七生人
  • 【日産 ノート 新型試乗】ヤリスやフィットの驚きを超えた!? 新e-POWERの世界観…吉川賢一 画像 【日産 ノート 新型試乗】ヤリスやフィットの驚きを超えた!? 新e-POWERの世界観…吉川賢一
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース