ルノー カングー、南仏のリゾート地をイメージしたブルーの限定車発売

ルノー カングーペイザージュ
  • ルノー カングーペイザージュ
  • ルノー カングーペイザージュ
  • ルノー カングーペイザージュ
  • ルノー カングーペイザージュ ブラックフロントバンパー
  • ルノー カングーペイザージュ インテリア
  • ルノー カングーペイザージュ シート

ルノー・ジャポンは、『カングー』に南仏のリゾート地をイメージしたブルーのボディカラーの限定車「ペイザージュ」を設定し、11月19日から発売する。

南仏でもひときわ美しく、ヴァカンスで人気の街サントロペ。その爽やかな青空と、 青く澄み切った海は、数々の芸術家を魅了し、サントロペの名を世界に広めた。今回のルノー カングー ペイザージュは、そんなサントロペの美しい景色をイメージした。このボディカラーは2019年に限定販売し好評だったため、風景をテーマにした限定車、ペイザージュとして復刻した。

ベースモデルは「ゼン EDC(6速AT)」。専用ボディカラーのブルー ドラジェに加え、ボディ同色フロントグリルブレード、ブラックフロントバンパー、ブラックリアバンパー、ブラックドアミラーを装備する。

価格は264万7000円。限定台数は200台。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース