【トヨタ ヤリスクロス】vs C-HR…25年の経験を注ぎ込んだ?[比較画像]

トヨタが発売を予告したBセグメントSUVの『ヤリスクロス』。25年前にデビューした初代『RAV4』以来の、SUVの経験を生かして開発されたという。RAV4は世界的ベストセラーとなり、最近では『C-HR』がスタイリッシュで効率的なSUVとして定評を得ている。

高い着座位置と「AWD-i」インテリジェント四輪駆動の設定によって、ヤリスクロスは本格的なSUVとなっている、とトヨタは謳う。

ヤリスクロスは、ハッチバックの『ヤリス』についで、最新の1.5リットル・ハイブリッドシステムを採用した。内燃機関は、1.5リットル3気筒アトキンソンサイクルのガソリンエンジンだ。最近登場したより大型のRAV4、CH-R、『カローラ』、『カムリ』などの2.0リットル、2.5リットルユニットからの発展となる。

ヤリスクロスの追加によってトヨタのSUVは、B、C、Dセグメントでの展開となる。

《高木啓》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース