三菱 アウトランダーPHEV、2年間1万6000km分の充電料金を支援 英国

三菱 アウトランダー PHEVの2020年モデル(英国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEVの2020年モデル(英国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2020年モデル(英国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEVの2020年モデル(英国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2020年モデル(英国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEVの2020年モデル(英国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEV の2020年モデル(英国仕様)
  • 三菱 アウトランダー PHEVの2020年モデル(英国仕様)

三菱自動車の英国部門は5月18日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)を購入した顧客に、1万マイル(約1万6000km)走行分の充電料金を実質無償化するパッケージを付帯させると発表した。

このパッケージは、5月18日から9月30日までの間に、三菱アウトランダーPHEVをオンライン経由で注文して登録した顧客が対象だ。

顧客は、OVOエナジー社の「EV Everywhere」サービスに、2年間契約することが必要。そうすれば2年間、毎月20.4ポンド(約2680円)がOVOエネルギーのユーザーアカウントに支給され、顧客は充電料金に充当できる。

三菱アウトランダーPHEVのEVモードの航続は、欧州仕様の場合、約45km(WLTPサイクル)。このEVモードの航続を、充電料金を実質無償化することにより、フル活用するよう顧客に推奨する。充電に関しては、英国内の7000か所の充電ステーションを利用できるようにした。

三菱自動車の英国部門は、アウトランダーPHEVがEVモードで1万マイル走行すると、CO2排出量100g/ kmのエンジン車と比較して、CO2排出量を1610トン削減できる、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース