【トヨタ ヤリス 新型】1か月で3万7000台を受注、月販目標の5倍

トヨタ・ヤリス
  • トヨタ・ヤリス
  • トヨタ・ヤリス
  • トヨタ・ヤリス
  • トヨタ・ヤリス

トヨタの新型車『ヤリス』が発売から1か月となる3月9日時点で約3万7000台を受注。月販目標(7800台)の約5倍と好調な立ち上がりを見せている。

ヤリスは、TNGAプラットフォームを採用した新型コンパクトカーとして2月10日に発売。軽快なハンドリングを生かしつつ、上質な乗り心地と最新の安全・安心技術を備えている。

好評点として、「アクティブで躍動感のあるデザイン」、「ハイブリッド車の力強くシームレスな走りと36.0km/L(WLTCモード)の低燃費」、「最新のトヨタセーフティセンスなどの安全技術」が挙げられている。

グレード別の受注実績は、上級グレードの「Z」、中間グレードの「G」、ともに約30%。ハイブリッド車の内訳は約45%となっている。また、装着率の高いメーカーオプションは「バックガイドモニター」が約70%(ハイブリッドZ、ハイブリッドGは標準装備)、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]が約50%(X Bパッケージ、MT車除く)、「ブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックオートアラート[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]+インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」が約30%(X Bパッケージ、MT車除く)となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース