新開発油冷エンジンを搭載、スズキ『ジクサー250』日本登場…東京モーターショー2019出品予定[訂正]

スズキ・ジクサーSF250
  • スズキ・ジクサーSF250
  • スズキ・ジクサーSF250
  • スズキ・ジクサーSF250
  • 新開発油冷エンジン
  • スズキ・ジクサーSF250(インド仕様)
  • スズキGSX-R750(1985年)
  • スズキ・ジクサー250
  • スズキ・ジクサー250

スズキは東京モーターショー2019に、新開発の油冷エンジンを搭載したロードスポーツバイク、『ジクサーSF250』と『ジクサー250』(Suzuki Gixxer)を参考出品する。スポーティなデザインと加速性能、燃費性能を兼ね備えたロードバイクだ。「SF」はフルカウル仕様。

東京モーターショー2015に参考出品した新開発油冷エンジンを搭載する。GSX-R750以来の、スズキ伝統の油冷エンジンだ。

ジクサー250はインドで生産される。インドの二輪市場は年間販売台数2000万台、スクーターを除いても1350万台規模の巨大市場だ(参考:日本は2017年に35万7000台、51cc以上で18万3000台)。東京ビッグサイトに展示される車両はインド仕様とは異なり、日本市場向けの提案モデルとなる。

全長2010mm、全幅805mm(SFは740mm)、全高1035mm、パワーユニットは249cc・4ストローク油冷SOHC単気筒エンジン。

<おわび> 当初、来場者がジクサー250にまたがれるとしましたが、またぐことができるのは市販車のみです。ジクサー250はまたぐことはできません。おわびして訂正いたします。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース