アウディ RS7スポーツバック 新型、マイルドハイブリッド採用…フランクフルトモーターショー2019[詳細画像]

アウディ RS7スポーツバック 新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ RS7スポーツバック 新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ RS7スポーツバック 新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ RS7スポーツバック 新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ RS7スポーツバック 新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ RS7スポーツバック 新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ RS7スポーツバック 新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ RS7スポーツバック 新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • アウディ RS7スポーツバック 新型(フランクフルトモーターショー2019)

新型アウディ『RS7スポーツバック』は、新型『A7スポーツバック』をベースに、アウディスポーツが開発した高性能モデル。新型のパワートレインは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ「TFSI」エンジンだ。最大出力は600hp、最大トルクは81.6kgmを、2050~4500rpmで引き出す。

トランスミッションは8速「ティプトロニック」、駆動方式は4WDの「クワトロ」で、RS専用チューンが施された。0~100km/h加速は3.6秒、最高速は250km/h(リミッター作動)の性能を発揮する。最高速は「ダイナミックパッケージ」では280km/hに、「ダイナミックプラスパッケージ」では305km/hに引き上げられる。

新型には、48Vのマイルドハイブリッドを採用。アウディによると、実走行で100kmあたり最大0.8リットルの燃料消費を削減するという。

新世代のRSデザイン言語を採用した。幅広くフラットなシングルフレームグリルを装着。RS専用の立体的なハニカム構造のグリルは、グロスブラック仕上げだ。大きく張り出したホイールアーチは、専用デザインだ。フロントフェンダーで全幅は1950mmとなり、ベース車両の新型A7 スポーツバックに対して、およそ40mm拡幅されている。

また速度が100km/hを超えると、テールゲートからスポイラーが展開。クロームカラーの大径楕円テールパイプは、ディフューザーとグロスブラックのデザインエレメントとともに、RS専用バンパーの左右に配置された。

《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集