日産など、ソケット充電式LEDライト3万2000個を自主回収 膨張・破損のおそれ

エス・エス リミテッドは8月29日、日産自動車などの純正アクセサリーとして販売していた充電式LEDライトに不具合があるとして自主回収すると発表した。

対象となるのは、日産自動車、オーテックジャパン、三菱自動車、ダイハツ工業が2010年10月から2019年6月に販売していたソケット充電式LEDライト、3万2473個。

充電制御が不適切なため、充電可能回数を超過し、内蔵電池が劣化した製品を車両のアクセサリーソケットに差し込み充電すると、内蔵電池が膨張し、内圧が高くなることがある。そのため、電池が破損し、ライトの構成部品や電池の内容物が車内に飛散するおそれがある。

不具合は5件発生、事故は起きていない。対象の製品であることを確認し、回収および返金処理を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース