SUPER GTデモレース、GT500の6チームが決定…モースポフェス2019

SUPER GT GT500クラススタートシーン(2018年第3戦)
  • SUPER GT GT500クラススタートシーン(2018年第3戦)

トヨタ、ホンダ、鈴鹿サーキット(モビリティランド)の3社共催イベント「モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~」(3月2日・3日開催)にて、SUPER GTがデモレースを行うことが決定した。

SUPER GTは、GT500、GT300の2クラスで構成される国内最高峰のGTカーレース。今回のイベントには、レクサス(トヨタ)、ホンダ、日産が参戦するGT500クラスから6チームが出場する。

デモレースでは、国際レーシングコース 東コースを舞台に、GT500とGT300のマシン複数台が走行し、本番さながらのローリングスタートを行う予定。出場車両とチームは、レクサス LC500(LEXUS TEAM LEMANS WAKO‘S、LEXUS TEAM SARD)、ホンダ NSX-GT(TEAM KUNIMITSU、Modulo Nakajima Racing)、日産 GT-R NISMO GT500(TEAM IMPUL、 KONDO RACING)。ドライバーやGT300出場チーム等は決定次第、公式ウェブサイトで発表される予定。

鈴鹿サーキットでは例年この時期に、ホンダと共にファン感謝デーを行ってきたが、今回は「メーカーの垣根を越えて」トヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)と合同で、スケールアップして開催される。入場は無料(公式ウェブサイト掲載の招待券持参者)。

《丹羽圭@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集