三菱 アウトランダー PHEV、2019グリーンSUV受賞…レクサス UX とボルボ XC40 抑える

2019グリーンSUVオブザイヤーを受賞した三菱 アウトランダー PHEV(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • 2019グリーンSUVオブザイヤーを受賞した三菱 アウトランダー PHEV(ロサンゼルスモーターショー2018)
  • 三菱 アウトランダー PHEV
  • 2019グリーンSUVオブザイヤーを受賞した三菱 アウトランダー PHEV(ロサンゼルスモーターショー2018)

三菱自動車の米国部門は11月29日、『アウトランダーPHEV』(Mitsubishi Outlander PHEV)が「2019グリーンSUVオブザイヤー」に選出された、と発表した。米国で開催中のロサンゼルスモーターショー2018において、受賞式が行われている。

「グリーンSUVオブザイヤー」は、今年初めて設けられたもの。米国では、SUVなどのライトトラックが、新車販売の半数以上を占めている。そこで、今年で14回目となる「グリーンカーオブザイヤー」からSUVを独立させ、グリーンSUVオブザイヤーを新設した。米国在住のジャーナリストが、2017年秋から2018年秋までの1年間に米国で発表された新型SUVの中から、最もエコな1台を選出する。

2019グリーンSUVオブザイヤーのファイナリスト5車種は、以下の通り。

●キャデラックXT4
●ヒュンダイ・コナ
●レクサスUX
●三菱アウトランダーPHEV
●ボルボXC40

この5車種の中から、三菱アウトランダーPHEVが、レクサス『UX』やボルボ『XC40』を抑えて、2019グリーンSUVオブザイヤーに選出された。

同賞を主催する『グリーンカージャーナル』のロン・コーガン編集長は、「現在のSUVユーザーは、SUVに期待されるスタイル、利便性はもちろん、効率的かつ環境負荷の少ない走行性能を望んでいる。三菱アウトランダーPHEVは、革新的なプラグインハイブリッドパワートレイン、EVモード、優れたSUV機能を備えており、SUVユーザーのニーズを満たしている」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集