【レクサス UX】モデリスタがコンセプトカー初披露へ…東京オートサロン2019

モデリスタブース(イメージ)
  • モデリスタブース(イメージ)
  • TRDブース(イメージ)
  • レクサスUX

モデリスタは、2019年1月11日から13日までの3日間、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に出展、レクサスの新型SUV『UX』をベースとしたオリジナルコンセプトカーを初披露する。

トヨタモデリスタインターナショナル、トヨタテクノクラフト(TRD)、ジェータックスの3社は、2018年4月1日より新会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメントに統合。ブースでは、モデリスタ/TRD各ブランドともに幅広いカテゴリーのカスタマイズ車両を出展する。

今回初披露する「UXモデリスタコンセプト」は、「BEYOND the EMOTION ~想いを超えたカスタマイズを~」をコンセプトに、新型車レクサスUXをドレスアップ。さらに先進安全、コミュニケーションの各方面から手を加え、クルマと共に進化する「カスタマイズの可能性」を提案する。

そのほか2台のモデリスタパーツ装着車、TRDはハイラックスのカスタマイズ仕様車「Zブラックラリーエディション」など計3台、全6台の出展を予定している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集