テスラ モデルS がシューティングブレークに変身…限定20台を生産へ

エコカー EV
RemetzCarが開発・制作するテスラ モデルSシューティングブレーク
  • RemetzCarが開発・制作するテスラ モデルSシューティングブレーク
  • RemetzCarが開発・制作するテスラ モデルSシューティングブレーク
  • RemetzCarが開発・制作するテスラ モデルSシューティングブレーク
  • RemetzCarが開発・制作するテスラ モデルSシューティングブレーク
オランダに本拠を置くRemetzCarは5月28日、テスラ『モデルS』のシューティングブレークを発表した。

米国のEVメーカー、テスラのモデルSは、セダンボディ。このモデルSをコーチビルダーのRemetzCarがシューティングブレーク化し、20台を生産する。

モデルSのシューティングブレークのデザインを手がけたのは、デザイナーのNiels van Roij氏が率いるデザインスタジオ。ワゴンの機能性とクーペのデザインを1台に融合させたシューティングブレークをデザインした。

モデルSをシューティングブレーク化するにあたって、テールゲートを新開発。ルーフスポイラーには、ストップランプとワイパーを組み込む。Aピラーからルーフにかけて、クロームのトリムが装着された。デザインの狙いについて、最大の荷物スペースを追求するのではなく、ダイナミックでスポーティ、エレガントなシューティングブレークを目指した、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集