トヨタ カローラ とレビン にPHV…北京モーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
トヨタ・カローラ
  • トヨタ・カローラ
  • トヨタ・レビン
トヨタ自動車は4月25日、中国で開幕した北京モーターショー2018において、『カローラPHV』と『レビンPHV』を初公開した。

両車は、トヨタの中国における主力コンパクトセダン、『カローラ』と『レビン』がベース。中国ではNEV(新エネルギー車。EVとPHVを指す)の普及を政府が後押ししている。トヨタは主力車にPHVを設定することで、NEVのラインナップを強化する。

カローラPHVとレビンPHVでは、EVモードの航続として、50km以上を想定。トヨタ初の海外生産となるPHVとして、2019年より中国での現地生産を開始する予定。

トヨタは2017年、現地生産のハイブリッドユニットを搭載した『カローラ ハイブリッド』と『レビン ハイブリッド』を含むハイブリッド車を、中国でおよそ14万台販売。累計では、およそ35万台を販売しており、今後もさらにそのラインナップを拡大していく。

5月16日開催【北京モーターショー報告と中国のEV、自動運転セミナー】
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集