スズキ ワゴンR など、4WD車12万台をリコール…ABSが作動しなくなるおそれ

自動車 テクノロジー 安全
スズキ・ワゴンR(2008年)
  • スズキ・ワゴンR(2008年)
  • 改善箇所
スズキは1月18日、『ワゴンR』など軽四輪車7モデルの4WD車について、リヤ車輪速センサーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スズキ『アルト』、『アルト ラパン』、『ワゴンR』、『パレット』、日産『ルークス』、マツダ『キャロル』、『AZワゴン』の7車種で、2008年1月9日~2010年11月2日に製造された4WDモデル12万6171台。

リヤ車輪速センサーの樹脂材質が不適切なため、樹脂が吸水することがある。そのため、センサー内部の電子部品がショートし、センサーが異常な信号を出力して、ABS警告灯が点灯して機能が停止または、速度計が作動しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、リヤ車輪速センサーの識別番号を確認し、対策前品が装着されていた場合は対策品と交換する。

不具合は614件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集