【東京モーターショー2017】スバル S208 …Sシリーズ史上最高性能、450台限定販売[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

スバル S208(東京モーターショー2017)
  • スバル S208(東京モーターショー2017)
  • スバル S208(東京モーターショー2017)
  • スバル S208(東京モーターショー2017)
  • スバル S208(東京モーターショー2017)
  • スバル S208(東京モーターショー2017)
  • スバル S208(東京モーターショー2017)
  • スバル S208(東京モーターショー2017)
  • スバル S208(東京モーターショー2017)
『S208』はスバルとSTIが共同してエンジンや足回りを専用開発し、外装・内装にも専用装備を追加した、スバルハイパフォーマンスカーのトップエンドモデル。2015年に発売した「S207」に対して、エンジン出力・加速性能の向上やカーボンルーフの採用による低重心化等の改良を施し、Sシリーズ史上最高の性能と質感を実現した。

標準仕様を100台のほか、WRX STIが参戦を続けるニュルブルクリンク24時間レースを想起させるモデルとして、ドライカーボンルーフやS208ロゴ入りのドライカーボンリヤスポイラーを採用した「NBRチャレンジパッケージ」を350台、合わせて450台の限定販売となる。

購入には、10月26日~11月12日までに販売店での商談エントリーが必要。応募多数の場合は抽選となる。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集