【東京モーターショー2017】カーメイト、360度の全周囲撮影可能なドライブレコーダーをアピール

自動車 ニューモデル モーターショー

クルマの全周囲360度の撮影を可能とするドライブレコーダー「d'Action360(ダクション360)」。
  • クルマの全周囲360度の撮影を可能とするドライブレコーダー「d'Action360(ダクション360)」。
  • ドライブレコーダーとしての使用だけでなく、車外に持ち出してアクションカムとしても使える。
  • オプションとして防滴ケースも用意。
  • 全周囲を撮影可能なので、従来のカメラが対応できなかった側方の記録も可能に。
  • カーメイトの営業車に取り付けて試験中、偶然撮影された事故映像。
  • 倉庫内を自走する監視カメラとしての提案も。
ドライブレコーダーは「交通事故を記録し、証拠として残すためのアイテム」だったが、自動車用品を扱うカーメイトは「クルマの全周囲360度の撮影を可能とする」という新製品「d'Action360(ダクション360)」をモーターショーでアピールしている。

「2台のカメラを設置して車両の前後を撮影する」というドライブレコーダーは他にもあるが、このd'Action360は1台で前後だけでなく、側方の撮影も可能としている。

クルマから取り外し、単体でアクションカムとして使うことも想定されており、外部バッテリーや防滴ケースのオプションもラインナップされているという。ドライブレコーダーとして使用する際の画質はフルHD相当だが、アクションカムとして使う場合は4K相当まで画質を高くすることも可能だ。

このカメラを装着した同社の営業車が「偶発的な追突事故に巻き込まれた際の映像」も同社ブースでは確認することができる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集