【東京オートサロン2017】あえて車高をあげたイグニスモトクロッサー

自動車 ニューモデル モーターショー
スイフト&イグニス:スズキブース
  • スイフト&イグニス:スズキブース
  • スイフト&イグニス:スズキブース
  • スイフト&イグニス:スズキブース
  • スイフト&イグニス:スズキブース
  • スイフト&イグニス:スズキブース
  • スイフト&イグニス:スズキブース
東京オートサロン、スズキのブースで『スイフト』と『イグニス』のモータースポーツバージョンのカスタムカーを発見。どちらもライトチューン仕様だがロールケージを装着するなどちょっと凝った設定だ。

スイフトはレース仕様を意識したカラーリングとエアロパーツが主な特徴。ロールケージ装着、マフラー、ホイール、ローダウンサスペンションなども変更している。ホイールは市販のものだが、ピンストライプのワンポイントがボディカラーに合わせて施されたという。

ベース車がスイフト「RS」なので、もともとがかなり走りを重視したスペックなので、イメージの提案モデルとはいえ、なかなか走ってくれそうだ。

もう1台はイグニスのグラベル仕様のドレスアップカーだ。「イグニスモトクロッサースタイル」となっている。こちらも市販のパーツや純正オプションなどをベースにオリジナルのカラーリング、タイヤ、ホイール、サスペンションなどが交換されている。グラベル仕様(風)なのでロールバーも必需品だ。

際立つのはグラベル用の独特なトレッドパターンを持ったタイヤと、あえて車高を上げたサスペンション。ホイールアーチとタイヤの間からスプリングが見えるという昔のラリー車を彷彿とさせる。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集