【東京モーターショー15】メルセデス ビジョンTokyo、夜の東京を駆ける[動画]

自動車 ニューモデル モーターショー

夜の東京を駆けるメルセデス の自動運転燃料電池車 ビジョンTokyo
  • 夜の東京を駆けるメルセデス の自動運転燃料電池車 ビジョンTokyo
ドイツの高級車、メルセデスベンツが10月28日、東京モーターショー15でワールドプレミアした『ビジョンTokyo』。同車が、夜の東京を疾走する公式映像が、ネット上で公開されている。

ビジョンTokyoは、メルセデスベンツの自動運転技術の最新版を搭載したコンセプトカー。パワートレインは、燃料電池。モーターはバッテリー駆動で約190km、水素駆動で約790km。トータルで最大およそ980km走行できる。

ボディサイズは、全長4803mm、全幅2100mm、全高1600mm。ミニバンを思わせるフォルムが特徴。最大5名が乗車できる。シートは回転対座となり、自動運転中は、ドライバーが進行方向に背を向けて座ることも可能。

また、東京などの大都市での乗降性に配慮して、助手席側のドアを、後部ドア一体の上方開きに。「コネクテッド・ラウンジ」をテーマにした室内は、未来的かつラグジュアリーな空間とした。

メルセデスベンツが配信した映像では、ビジョンTokyoが夜の東京を駆け抜けるという想定となっている。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集