【ホンダ S660プロトタイプ 試乗】軽くてガッチリどっしり、思わず叫んで笑っちゃうほどの楽しさ

試乗記 国産車

ホンダ『S660』プロトタイプ。袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)で3月中旬に開催された試乗会にて
  • ホンダ『S660』プロトタイプ。袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)で3月中旬に開催された試乗会にて
  • ホンダ『S660』プロトタイプ。袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)で3月中旬に開催された試乗会にて
  • ホンダ『S660』プロトタイプ。袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)で3月中旬に開催された試乗会にて
  • ホンダ『S660』プロトタイプ。袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)で3月中旬に開催された試乗会にて
  • ホンダ『S660』プロトタイプ。袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)で3月中旬に開催された試乗会にて
  • ホンダ『S660』プロトタイプ。袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)で3月中旬に開催された試乗会にて
  • ホンダ『S660』プロトタイプ。袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)で3月中旬に開催された試乗会にて
  • ホンダ『S660』プロトタイプ。袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)で3月中旬に開催された試乗会にて
ホンダは、4月上旬発売予定の軽ミッドシップスポーツ『S660』のプロトタイプ試乗会を実施。6MTとパドルシフト付きCVTの“走り”を体感すべく、袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)を3~4周走行。「走る、曲がる、止まる」の一瞬一瞬すべてが「楽しい!」と感じた。

軽初となる6MTは、『S2000』や『NSX』と同じく、短いストロークでカチカチとシフトできる。1速、2速とシフトしていくうちに感じる、次のシフトへの“吸い込まれ感”は、病み付きになる。軽い車体にターボ付きエンジンが載るからか、レッドゾーン手前の7000回転付近まで引っぱって、リズムよくつないで4速、5速といくと、あっという間に100km/hを超えてしまう。

開発スタッフは、「軽いといっても、ビートより100kgぐらい重くなってる。ボリュームのアップ感を上回る出力、パンチ力、剛性、ブレーキと、圧倒的に飛躍した」という。

ヘアピンコーナーにアンダー気味で入り、「あれ、やばいっ! 足りない!」と気付いてあわててハンドルを付け足しても、難なく、サーッと曲がっていく。“腰抜けドライビング”を自覚しつつ、きついコーナーをどんなに攻めてもタイヤは鳴かない。ビートと同じく前後異径タイヤを採用し、「地面に吸い付くようなグリップ感を実現させた」と担当者は話していた。

スラロームセクションで、コーナー外側の前輪に荷重をかけるように、無謀な曲がり方をしても、シレッと静かに向きを変えるだけ。20年以上走ってきたビートであれば、「ミシッ」「ギギッ」という痛々しい音を立てるところだが、高い剛性とじゅうぶんなストロークを持つサスペンションを持つS660は、ハンドルを切ったぶんだけ素直に曲がってくれる。

いっぽうのCVTと組み合わさるパドルシフトも、6MTと同様にカチカチと決まる。「SPORTモード」を選択すると、アクセルの開度にエンジンがよりリニアに反応するようになり、MT並みのアクセルワークを楽しめる。

自分では気付かなかったが、「サーキット走行中、なんか、ひとりでずうっと笑ってたよ」と関係者。思わず笑いが出るほど、叫んでしまうほど、楽しい運転時間だったことは間違いない。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集