【鈴鹿8耐】市販車ベースだが速さはレーシングカー並み…各メーカー威信かけた熱い戦い

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

鈴鹿8時間耐久ロードレース 写真は2014年のマシン
  • 鈴鹿8時間耐久ロードレース 写真は2014年のマシン
  • 鈴鹿8時間耐久ロードレース 写真は2014年のマシン
  • 鈴鹿8時間耐久ロードレース 写真は2014年のマシン
  • ホンダ・CBR1000RR SPチャンピオンスペシャル
  • ホンダ RFV750
  • ヤマハ YZF-R1 新型
  • Ninja ZX-10R
  • スズキ・GSX-R1000(GSX-RRカラーリング仕様)
8耐に出場するマシンは、1000ccまでの4ストロークエンジンを搭載したいわゆる「スーパーバイク」の市販車(2気筒の場合は1200cc)と定められている。そう、8耐は市販車ベースのマシンで走るのだ。しかも、その改造範囲はかなり小さい。したがって、市販車の性能がレースの行方を左右する事にもなる。そこで、各メーカーではレースに勝つためにサーキット仕様に近い市販モデルを発売している。そこにはメーカー間の熾烈な開発競争があるのだ。

その性能は高く、各メーカーのスポーツモデルのフラッグシップに君臨している。2014年の公式予選(TOP10トライアル)で記録された2分6秒703(ヨシムラスズキシェルアドバンスレーシングチーム)というタイムは、世界ツーリングカー選手権に匹敵する速さだ。8耐では、このスプリントタイムに近いペースを維持しながら8時間を走りきるというから、ライダーの体力と集中力もさることながら、マシンの性能もすさまじいと言うほかない。

では、各メーカーの代表的なマシンを紹介しよう。

まずホンダの『CBR1000RR』。ホンダは長らくV4エンジンの『RVF』で8耐に参戦し、そのあとは2気筒の『VTR』を使っていたが、現在はこの直4モデルを使用。市販状態で178PSあり、電子制御によるハイテクも満載している。

ホンダのライバルのヤマハは『YZF-R1』だ。歴史に残る名車との呼び声も高いこのマシンは他メーカーのモデルにも大きな影響を与えた。今年、フルモデルチェンジされ、最高出力は200PSに到達。しかしそれ以上に、ハイテクの塊となったマシンのポテンシャルに注目したい。

スズキ、カワサキはそれぞれ『GSX-R1000』『ZX-10R』を使用する。最高出力はそれぞれ185PSと200.1PSというモンスターマシンだ。これら4メーカーのマシンはどれも直列4気筒エンジンで、公道走行用の市販車とはいえレースで勝つことを主眼に開発されたマシンと言っても過言ではない。

実際にレースで走る車両は耐久レースに対応するために改造が施されている。通常、サーキットを走るマシンは燈火類がないが、8耐はナイトセッションのあるレースなのでヘッドライトやブレーキライトの装着が義務付けられているのが大きな特徴だ。また、前後のタイヤも素早く交換できるように工夫をこらした改造がなされている。さらに、8耐ならではの改造として、暑さ対策のために冷却系の増強が行われる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集