ボルボ S60 / V60 ポールスター…レーシングチームが手がけたボルボ史上最強モデル

自動車 ニューモデル 新型車
ボルボ V60ポールスター
  • ボルボ V60ポールスター
  • ボルボ V60ポールスター
  • ボルボ V60ポールスター
  • ボルボ V60ポールスター
  • ボルボ V60ポールスター
  • ボルボ V60ポールスター
  • ボルボ V60ポールスター
  • ボルボ V60ポールスター
ボルボ史上最強のスポーツモデル『S60 / V60 ポールスター』が日本でのデリバリーを開始した。レーシングチームのポールスター社と共同開発により、直列6気筒ターボは350hpを叩き出す。これにAWDを組み合わせ、0-100km/h加速は4.9秒という性能ながら、日常の使い勝手も追求したオールラウンドなコンプリートカーだ。

ポールスター社は1996年に創業、オフィシャルパートナーとしてボルボ車をベースにツーリングカーレースなどに参戦してきた。2009年からは、オフィシャルパフォーマンスパートナーとして市販車の開発やチューニングにも関わっている。コンプリートカーとしては、『C30』や『S60』をベースとしたコンセプトモデルをモーターショーなどで披露してきたが、市販化は今回のS60 / V60 ポールスターが世界初となる。

これまでのコンセプトカーでは「レーシングチームがロードカーの開発を許されたら」をコンセプトに、C30ポールスターコンセプトでは451hp、S60ポールスターコンセプトでは508hpと極限のパワーを追求してきた。しかし市販化にあたっては「誰にとって素晴らしいクルマであるべきか」「オールシーズン、どのような場面でも運動性能を発揮できること」などを考慮し、「ドライバーに自信を与えてくれるクルマ」づくりをめざした。

S60 / V60 ポールスターのベースとなるのは、2015年モデルのS60 / V60だ。つまり日本市場においては、最新のボルボをいち早く体感できるモデルとなる。これに専用の20インチアルミホイール、ミシュラン・パイロットスーパースポーツ、オーリンズとの共同開発によるショックアブソーバー、ブレンボの6ピストンキャリパー(フロント)などを組み合わせ、スプリングレートを「R-デザイン」モデル比で80%高めるなど足回りを強化。さらに、直列6気筒エンジン「T6」はボルグワーナー製の新ツインスクロールターボチャージャーを採用、タービンを大型化することで304hpから350hpへと大幅なパワーアップを図った。

エクステリアは、風洞実験を重ね生み出されたフロントスプリッター、リアディフューザー、リアスポイラーなどで武装。高速域での車体のリフトを抑え、思いのままにハイパフォーマンスを堪能できる仕上がりとなった。フロントグリル、リアゲートに配される「ポールスター」のエンブレムがその性能の証だ。

インテリアはポールスターの鮮やかな水色が各所に配され、スポーツモデルながら高級感が漂う空間とした。シフトレバーはクリアパーツが用いられ、ブルーの照明が埋め込まれている。また、ボルボ車の特徴であるセンターコンソールはカーボンファイバー製となっているのも特徴だ。

見た目の変化は最小限ながら、50か所もの改良が施され、240以上の専用パーツを新規採用したという。

そのパフォーマンスは圧巻のひと言。「ドライブ」モードではスポーツモデルであることを忘れるほどジェントルでしなやかな走りだが、シフトレバーを「スポーツ」に倒すだけでその世界は一変する。エギゾーストノートは獰猛な咆哮へと変化し、気分を高揚させる。レーシングカーさながらの「ローンチコントロール」により飛び出す加速感は、350hpというスペック以上の心躍る体験をもたらしてくれるだろう。日本でわずか90名(S60が30台、V60が60台の限定)だけに許された特権だ。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

特集