欧州COTY 2015、ノミネート33台…日産が4台、トヨタが3台

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
新型日産 パルサー
  • 新型日産 パルサー
  • トヨタ アイゴ(ジュネーブモーターショー14)
  • レクサスNX(欧州仕様)
  • 新型日産 キャシュカイ
  • レクサス・RC350
  • インフィニティ Q50(日産 スカイライン)
  • 新型日産エクストレイル
欧州カーオブザイヤー主催団体は、「カーオブザイヤー2015」のノミネート33台を発表した。日本メーカーからのノミネート台数は、前回と同じで、9台が選ばれた。

欧州カーオブザイヤーは、今年で28回目。ロシアを含む20か国以上、約60名のジャーナリストが、2013年夏以降にデビューし、2014年内に欧州市場で発売予定の車を含めた新型車の中から、ベストな1台を選出する。

条件は、少なくとも欧州5か国以上で販売され、年間販売台数が5000台以上。少量生産のスーパーカーなどは、除外される。

欧州カーオブザイヤー2015のノミネート33台は以下の通り。

●アウディTT
●BMW・2シリーズ・アクティブツアラー
●BMW・2シリーズクーペ
●BMW・i8
●BMW・X4
●シトロエン・C1
●シトロエン・C4カクタス
●フィアット500X
●フォード・エコスポーツ
●フォード・モンデオ
●ヒュンダイ・i20
●インフィニティQ50(日産スカイライン)
●ジープ・レネゲード
●キア・ソウル
●レクサスNX
●レクサスRC
●メルセデスベンツ・Cクラス
●メルセデスベンツ・GLAクラス
●メルセデスベンツ・Sクラスクーペ
●日産・パルサー
●日産・キャシュカイ
●日産・エクストレイル
●オペル・コルサ
●プジョー108
●ポルシェ・マカン
●ルノー・トゥインゴ
●シュコダ・ファビア
●スマート・フォーツー
●スマート・フォーフォー
●スバル・WRX STI
●スズキ・セレリオ
●トヨタ・アイゴ
●フォルクスワーゲン・パサート

例年通り、地元の欧州メーカーが圧倒的多数を占めるとはいえ、日本車も健闘。とくに、前回『ノート』1車種の日産は、新型『パルサー』、『エクストレイル』、『キャシュカイ』、インフィニティの『Q50』(新型日産『スカイライン』)を加えて、4台がノミネート。前回3車種のトヨタは、今回は新型『アイゴ』の1台のみ。しかし、前回は新型『IS』のみだったレクサスは、今回はSUVの『NX』とクーペの『RC』の2車種が選出された。

また、他の日本メーカーでは、スバルが新型『WRX STI』、スズキが新型車の『セレリオ』を送り込んだ。一方、ホンダは、2年連続でノミネートなし。前回は新型アクセラが最終選考に進んだマツダも、今回はノミネートなしとなっている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース