【日産 スカイライン 200GT-t 発表】20年振りの4気筒ターボエンジンはメルセデスベンツ製

自動車 ニューモデル 新型車

ダイムラー製2リットル4気筒ターボエンジンを搭載する日産スカイライン200GT-t
  • ダイムラー製2リットル4気筒ターボエンジンを搭載する日産スカイライン200GT-t
  • 日産スカイライン200GT-t
  • 日産スカイライン200GT-t
  • ダイムラー製の日産スカイライン200GT-tパワーユニット
  • メルセデスベンツ E250
  • メルセデスベンツ E250
  • メルセデスベンツ E250
  • メルセデスベンツ E250
日産自動車は26日、新型『スカイライン』に2リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載した「200GT-t」を発表した。このエンジンは日産とダイムラーの提携関係によって採用されたもので、日本でも販売されているメルセデスベンツ『Eクラス』に搭載されているエンジンだ。

2リットル(1991cc)の直列4気筒エンジンにターボチャージャーを組み合わせ、最大出力は211ps/5500rpm、最大トルクは35.7kgm/1250-3500rpm。エンジン型式は「274930」で、スペックはメルセデスベンツEクラスの「E250」と全く同じ。

また、4気筒エンジンのスカイラインは、1989年から1993年まで販売された「R32」型以来で約20年ぶり。

ダイムラー製エンジン搭載は、新型スカイライン発表からほどなくしてアナウンスされていたが、2010年に日産ルノーとダイムラーとの業務提携が発表されて以来約4年越しの初成果となる。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集