【デトロイトモーターショー14】MINI ハッチバック 新型、ジョンクーパーワークス コンセプト登場…市販版は220psターボか

自動車 ニューモデル 新型車
新型MINI ハッチバック ジョンクーパーワークス コンセプト(デトロイトモーターショー14)
  • 新型MINI ハッチバック ジョンクーパーワークス コンセプト(デトロイトモーターショー14)
  • 新型MINI ハッチバック ジョンクーパーワークス コンセプト(デトロイトモーターショー14)
  • 新型MINI ハッチバック ジョンクーパーワークス コンセプト(デトロイトモーターショー14)
  • 新型MINI ハッチバック ジョンクーパーワークス コンセプト(デトロイトモーターショー14)
  • 新型MINI ハッチバック ジョンクーパーワークス コンセプト(デトロイトモーターショー14)
  • 新型MINIハッチバックのジョンクーパーワークスコンセプト
  • 新型MINIハッチバックのジョンクーパーワークスコンセプト
  • 新型MINIハッチバックのジョンクーパーワークスコンセプト
1月13日、米国で開幕したデトロイトモーターショー14。BMWグループのMINIブースの主役は、MINI『ハッチバック』の「ジョンクーパーワークスコンセプト」が務めた。

同車は2013年11月、ロサンゼルスモーターショー13と東京モーターショー13で初公開された新型MINIハッチバックの高性能モデルを示唆したコンセプトカー。MINIは歴代MINIに用意されてきた「ジョンクーパーワークス」(JCW)について、早くも新型ベースで開発中と宣言している。

新型のハッチバックに対して、専用バンパーやエアロパーツを追加して迫力アップ。足元は18インチのアルミホイールで引き締めた。ボディカラーは、明るめのグレーを基調に、ルーフには赤を組み合わせ。ジョンクーパーワークスならではのスポーティなフォルムは、新型でも健在。

エンジンに関しては、コンセプトカーのため、詳細は封印されたまま。しかし、新型MINIハッチバックの「クーパーS」グレードが、直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボを積み、最大出力は192ps、最大トルクは28.5kgm(オーバーブーストモード30.6kgm)。ジョンクーパーワークスコンセプトの市販版では、この2.0リットルエンジンをベースに、最大出力を220psレベルへと引き上げるとの情報がある。

なお、新型MINIのジョンクーパーワークスコンセプトの市販版は、早ければ2014年春、ジュネーブモーターショー14で姿を現すと見られている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集