【東京モーターショー13】ダイハツ デカデカ…高さにスペースを求めて

自動車 ニューモデル 新型車

ダイハツ・デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ・デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ デカデカ(東京モーターショー13)
  • ダイハツ デカデカ(東京モーターショー13)
ダイハツは東京モーターショー13に、『デカデカ』を出展し、“スーパースペース”という新しいカテゴリーを提案している。

同社デザイン部東京デザイングループの池田聡さんは、「自社では『タント』があり、ホンダからは『N-BOX』、スズキの『スペーシア』などスペース系の競争が激しくなってきた。元祖スペース系のダイハツとしては、このジャンルで新しく、勝てるものを出していかなければいけない」と開発の背景を話す。

そこで、「タントよりももうプラス100mm(1850mm)全高を高くすることで、高さ方向の活用が出来ないかと考えた」という。「軽枠の中でタントなどは高さ方向に広さ感を追求してきたが、それをさらに高くした」と述べる。

同時にヒップポイントも少しタントより高くしたと池田さん。「ミニバンやSUVに乗るユーザーがタントなどに乗った時に、若干(ヒップポイントが)低く、窓が広いことによる不安を感じるといわれた。そこで、ヒップポイントを上げることで、見晴らし感や解放感を不安なく味わってもらえるようにした」という。

また、ユーザー層については、「タントはこれまで、ファミリー需要だったが、デカデカはアウトドアで使う男性などに訴求できないかと考えた」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集