【東京モーターショー13】MINI 新型、ワールドプレミアへ…ゴーカートフィーリングが進化

自動車 ニューモデル 新型車

新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
  • 新型 MINI ハッチバック
BMWグループのMINIは11月19日、東京ビッグサイトで11月20日に開幕する東京モーターショー13において、新型『MINIハッチバック』をワールドプレミアすると発表した。

新型MINIハッチバックは11月18日、英国オックスフォード工場で発表されたばかり。東京モーターショー13と、同タイミングで開催されるロサンゼルスモーターショー13の2つのモーターショーが、新型のダブルワールドプレミアの場となる。

現時点では、新型MINIハッチバックの日本仕様に関する発表はない。英国本国と同じく、2種類のガソリンエンジンが用意されるもよう。中でもトップグレードの「クーパーS」は、新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ターボを搭載。最大出力192ps/4700-6000rpm。最大トルク28.5kgm/1250rpmを発生する。オーバーブーストモードでは、最大トルクは30.6kgmへ。欧州仕様は、0-100km/h加速6.7秒、最高速235km/hの実力だ。

MINIで定評ある「ゴーカート感覚」のハンドリングも進化。新型には、軽量化した調整式ダンパーを初採用。ゴーカートフィーリングと称される俊敏なハンドリングを、より強烈に体験できるようにした。また、重量軽減と部品強度の向上を目指し、前後のアクスル部品のほとんどを設計変更。サスペンション、ボディとの接続部、スプリング、ダンパー、ステアリング、ブレーキの全てのセットアップが、パワーアップしたエンジンに見合う設定とした。

MINIは、「グローバルな成功を収めるMINIの新型車が、日本の首都・東京で開催されるモーターショーを盛り上げる。驚くほどの進化、遠くから見てもすぐにMINIと分かる独特のデザイン、より広くなったインテリア、そして新しい表示および操作コンセプトが、新型MINIの大きな特徴」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集