【モスクワモーターショー12】フラッグシップ出展に見る"本気"…レクサスブース[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
レクサス・ES(モスクワモーターショー12)
  • レクサス・ES(モスクワモーターショー12)
  • レクサス・LS600h Fスポーツ(モスクワモーターショー12)
  • レクサス・ES(モスクワモーターショー12)
  • レクサス・LS600h Fスポーツ(モスクワモーターショー12)
  • レクサス・LS600h Fスポーツ(モスクワモーターショー12)
  • レクサス・LS600h Fスポーツ(モスクワモーターショー12)
  • レクサス・LS600h Fスポーツ(モスクワモーターショー12)
  • レクサス・LS600h Fスポーツ(モスクワモーターショー12)
新生レクサスの象徴「スピンドルグリル」が与えられた『LS』と『ES』そのヨーロッパプレミアの場にレクサスが選んだのは、各国の高級車メーカーが注目するロシアだった。

特にLSについては、『LS600h Fスポーツ』というフラッグシップモデルのなかのフラッグシップグレードを持込み、開発責任者自らがモデルの特徴や改良点を語るなど"本気"の姿勢を感じた。

国家の成長に伴い、高所得者が増えつつあるロシア。レクサスの需要も増えていると言うが、その多くがSUVで占められている。レクサスは最も得意とする高級セダンの販売台数を増やすことで、現状1万6000台程度というロシアでの年間販売台数を2万台まで引き上げるという。
《ショーカーライブラリー》
【画像】【モスクワモーターショー12】フラッグシップ出展に見る"本気"…レクサスブース[詳細画像](30枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース