【新聞ウォッチ】CEATEC 開幕---三菱益子社長と日産志賀COOの“共演”も

モータースポーツ/エンタメ 出版物

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2011年10月4日付

●東電リストラ3.2兆円、「公的管理」方向示す、第三者委報告書(読売・1面)

●新車販売13か月ぶり増、9月1.7%生産、受注に追いつく(読売・8面)

●大企業製造V字回復、車、供給網復旧で上昇9月短観(読売・9面)

●トヨタ東富士工場縮小へ、小型車、北米と東北に(朝日・11面)

●シーテックきょう開幕、「4K」テレビ、続々、高画質で競争(朝日・11面)

●トヨタ、バイオ燃料実用化、20年メド、協業も検討(産経・11面)

●都内でもエコタクシー(産経・22面)

●アジア株安中国景気懸念、香港4%下げ、欧州不安に追い打ち(日経・1面)

●インド新車販売スズキ21%減、9月(日経・11面)

●日産と伊藤忠など、移動式の仮設診療所、電源に太陽光発電(日経・12面)


ひとくちコメント

電機・ITの国際見本市「シーテック(CEATEC)ジャパン2011」が千葉市の幕張メッセで開幕し、5日から一般公開される。前年よりも30社少ない586社・団体が超高画質テレビや省エネ対応の新技術・新製品などを出品し、8日までの5日間で約20万人の来場を見込んでいるという。

きょうの各紙にも「家電各社『高精細』競う」(日経)などと、展示内容の一部を紹介する記事を掲載しているが、テレビのニュース番組では、日産自動車など26社が共同開発した「電力自立型住宅」(試作品)など特別展示「スマートコミュニティ」関連の映像を流しているケースが目立つ。

また、特別招待日のきょう午前11時30分からは、三菱自動車の益子修社長と日産自動車の志賀俊之COO(最高執行責任者)によるコンファレンスが実施される。低炭素社会の実現に向けた新しい街づくりには、バッテリーから一般住宅に電力供給するシステムを搭載した電気自動車(EV)の役割は大きく、また、東日本大震災の災害現場でもEVの活躍が際立ったという。そのEV開発では先行する両社の首脳がそろってシーテックのオープニングセレモニーでEVの普及をアピールするのも興味深い。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集