【東京モーターショー09】EV-Cub はスリム…ホンダ

自動車 ニューモデル モーターショー
ホンダEV-Cub
  • ホンダEV-Cub
  • ホンダEV-Cub
  • ホンダEV-Cub
  • ホンダEV-Cub
  • ホンダEV-Cub
  • ホンダEV-Cub
  • ホンダEV-Cub
1958年に誕生した、ホンダを代表する2輪車『スーパーカブ』。東京モーターショーのホンダブースでは、昨年誕生50周年を迎えたスーパーカブの電動バージョンが世界初公開された。

『EV-Cub』と名付けられたこの車両は、ステージ上に展示されており試乗はできない。大きく張り出したレッグシールドや、低床フレーム、大きめのサドルなどを見ると、ひと目でスーパーカブの進化系であることがわかる。

駆動モーターは前後輪のハブ内に装備されているため、本体は従来のスーパーカブよりもスリムな印象を受ける。車体サイズは、全長1794mm、全幅647mm、全高995mmとなっている。
《佐藤隆博》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京モーターショー09】ホンダ EV-Cub、世界とコミュニケーション 画像 【東京モーターショー09】ホンダ EV-Cub、世界とコミュニケーション
  • 【東京モーターショー09】ホンダのEV-Cub はもうちょっと未来 画像 【東京モーターショー09】ホンダのEV-Cub はもうちょっと未来
  • 【東京モーターショー09】ハーレーダビッドソンは大ブースでフルラインアップ展示 画像 【東京モーターショー09】ハーレーダビッドソンは大ブースでフルラインアップ展示
  • 【東京モーターショー09】ヤマハ YZ450F の排気システムは逆転の発想 画像 【東京モーターショー09】ヤマハ YZ450F の排気システムは逆転の発想

特集