【東京モーターショー09】三菱 PX-MiEV…インテリアではあえてギャップを

自動車 ニューモデル モーターショー
PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
三菱『PX-MiEV』コンセプトのエクステリアデザインは現実的な路線を狙っているが、インテリアはどちらかというとコンセプチュアルな方向でまとめられている。

そのインテリアをデザインしたデザイン本部東京デザインスタジオ、阿部浩行さんは「基本的な考え方は大人4人がしっかり乗れて快適に移動できる空間を作りましょうということ」と話す。

まずは、「柔らかくラウンドした基本造形の中にモニターや電子機器を並べて、必要な情報はしっかり見せ、ドライバーが運転に集中してもらえる空間を作りました」。そのうえで「助手席や後席の乗員には、飛行機でいうファーストクラス的な快適性を提供できる空間を目指しています」という。

「ある程度先進技術を見せたいと思っていたので、従来的な中で部分的に先進技術を見せるというギャップを感じさせようかと思ったのです。空間全体を物凄くハイテクな見せ方をしてしまうと、どうしても落ち着かなくなってしまう。助手席やリアシートは出来るだけゆったりしてもらうために従来的な見せ方、運転席周りは技術に特化した見せ方をするようにしています」と、コンセプトカーならではのトライを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集