【東京モーターショー09】三菱 PX-MiEV…航続距離を伸ばすために

自動車 ニューモデル モーターショー

PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
  • PX-MiEV
三菱自動車が今回の東京モーターショーに出品する『PX-MiEV』コンセプトのボディ形状はいわゆるSUVである。ボディの性格上、当然のことながら車高が上がるなどで空気抵抗としては不利に働くことが考えられる。

しかし、デザイン本部東京デザインスタジオ、阿部浩行さんは「フロントマスクや、グリーンの透明機材で出来ているアンダーグリル、ホイールなどを使って、空力的にいい方向に持って行こうとしています」という。

そのフロントのグリーンの透明機材は出来るだけ開口部を少なくし、空気流入を減らし空力悪化を防ぐという、電気自動車をベースとしたプラグインハイブリッドの特性を活かしたものである。そうした工夫により、出来るだけ表面に沿って空気を流すという考え方でフロントマスク等もデザインされている。

「ホイールもディッシュタイプを採用し、ホイール内の空気を積極的に外へ出して行こうとしています。そして、ボディ側のホイールアーチの角Rも、前の方は小さくて後ろの方はだんだん大きくなっていく形状にしています。これはすごくホイールハウスの空気を抜くということに対して物凄く効果がある。そういったことを積極的に取り入れることで航続距離を伸ばすようにしているのです」
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集