【東京モーターショー09】日産 リーフ、キーポイントはゼロエミッション

自動車 ニューモデル モーターショー
リーフ
  • リーフ
  • リーフ
  • リーフ
第41回東京モーターショーに、日産自動車は量産を前提とした電気自動車『リーフ』を出品する。

「キーポイントはまずゼロエミッション。それに加えて、リサイクルについても徹底的に取り組んでいます」と話すのはゼロエミッション事業本部、商品戦略・企画グループチーフ・プロダクト・スペシャリスト、阿部徹さん。

「まずゼロエミッションですが、もちろん走行時のCO2排出量はゼロ。ハイブリッドはCO2が少ないといいいますが、電気自動車はゼロ。ハイブリッドはガソリン車の仲間という考えができるかと思います」と話す。

また、「リサイクルについても、いわゆるリサイクル材、PETボトル等を再生したものを見える部品に積極的に採用しています。もちろん品質や強度は日産の新品の材料と同じ基準を満たしているものです」という。

動力性能においては、「電気モーターはガソリンエンジンと違ってモーターが回りだす時に最大トルクが出るので、アクセルを踏んだ瞬間の応答性が非常に高く、安定した加速を得ることができます」と電気自動車ならではの特性も当然持っている。因みにアメリカのLA4モードでは160km以上の航続が可能で、日本の10・15モードではさらに航続距離が延びる可能性があるという。

当然のことながらパッケージにおいても「大人5人が乗れて、荷物が載せられてるという、軽自動車や2座席の超小型シティカーにはない実用的なレイアウトとなっています」と量産化を目指すにあたって妥協を許さない姿勢を見せた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

  • 【井元康一郎のビフォーアフター】CO2削減、頑張ってもこれだけ…やるべきことは 画像 【井元康一郎のビフォーアフター】CO2削減、頑張ってもこれだけ…やるべきことは
  • 【CEATEC 09】日産の iPhone エコドライブ判定に体験試乗 画像 【CEATEC 09】日産の iPhone エコドライブ判定に体験試乗
  • 【池原照雄の単眼複眼】「変革」の向かう先を照らす東京モーターショー 画像 【池原照雄の単眼複眼】「変革」の向かう先を照らす東京モーターショー

特集