新車にETC標準装備化を…高速道路6社がメーカー、販売店に対し要望

自動車 ビジネス 企業動向

高速道路6社はメーカーや販売店などの業界団体に対し、新車にETCを標準装備化するよう要望書を提出した。

東日本高速道路、首都高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路、阪神高速道路、本州四国連絡高速道路は、日本自動車工業会、日本自動車輸入組合、日本自動車販売協会連合会に対して、国内で販売される新車にETCを標準装備化するなどの方策を行うよう要望書を提出した。

要望書は、ETC はユーザーの利便性、快適性はもとより、料金所周辺の環境改善に寄与している、とする。そしてユーザーが個人でETC を装備するよりも、新車にETCが標準装備されたり、販売店においてETCの装備が図られたりすれば、ETCの普及に繋がり社会的要請に応えられる、という。

日本自動車工業会(主に国内自動車メーカー関係)と日本自動車輸入組合(外国車メーカー関係)には12日に、日本自動車販売協会連合会(ディーラー関係)4日に提出した。また、全国レンタカー協会にも12日に協力を依頼している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集