【リコール】スバル『レガシィ』、『アルファ156』など

エコカー 燃費
国土交通省は1日、3月の少数台数リコールを公表した。サーブ『9-3』、三菱『ミニキャブ』、スバル『レガシィ』、アルファロメオ『156』など。

日本GMが03年10月に輸入したサーブ9-3、2台は運転席&助手席の背もたれロック機構の取付位置が不適切なため、衝突時などに背もたれが前方に倒れるおそれ。

三菱自動車が99年2月−7月に生産したミニキャブ、4台は、減圧弁付き燃料キャップの不具合により、弁から燃料が漏れるおそれ。

富士重工が99年12月〜03年3月に生産したスバル・レガシィ、31台は、クルーズコントロール用ワイヤーの外れ防止フックにすき間があるため、ケーブルが外れ、アクセルペダルを戻してもエンジン回転数が下がらなくなるおそれ。

フィアットオートジャパンが03年4月〜5月に輸入したアルファロメオ156・2.0JTSなどの右ハンドル車、26台はブレーキパイプとパワステ用ブラケットが干渉し、ブレーキ液が漏れるおそれ。
《編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース