【F1マレーシアGP】サーキットデータ---暑い

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
【F1マレーシアGP】サーキットデータ---暑い
  • 【F1マレーシアGP】サーキットデータ---暑い
  • 【F1マレーシアGP】サーキットデータ---暑い
  • 【F1マレーシアGP】サーキットデータ---暑い
F1マレーシアGP、決勝レースが21日に開催される。高温多湿で、ドライバーにとって高い身体能力が問われるタフな戦いとなるだろう。

99年に誕生したセパン・サーキット。グランドスタンドをぐるりと囲む2本のロングストレートと花をイメージさせる屋根が特徴的。

2年連続してミシュランユーザーが優勝をしていることから、ミシュラン有利との見方が強い。昨年はフェルナンド・アロンソ(ルノー)が最年少ポールポジション、キミ・ライコネン(マクラーレン)が初優勝と次世代ドライバーの活躍が目立った。


セパンF1サーキット
5.543km×56周=310.408km
●日本との時差:−1時間
●コースレコード:1'35''220
ミハエル・シューマッハ(フェラーリ/2001)
●決勝ベストラップ:1'36''412
ミハエル・シューマッハ(フェラーリ/2003)
●2003年結果
1位:キミ・ライコネン(マクラーレン)
2位:ルーベンス・バリケロ(フェラーリ)
3位:フェルナンド・アロンソ(ルノー)
ポールポジション:
フェルナンド・アロンソ(1'37''044/ルノー)
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集