「チョイ乗り」専用機! 原付並み維持費のミニマムEVコンセプト…東京オートサロン2023[詳細画像]

KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)
  • KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)
  • KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)
  • KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)
  • KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)
  • KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)
  • KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)
  • KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)
  • KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)

軽自動車からド派手なカスタムカーまで、多種多様な自動車が集まる東京オートサロン2023。中でも一際異彩を放つのが、広島県のスタートアップ企業、KGモーターズが出品した『ミニマムモビリティ コンセプト』だ。

KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)

ミニマムモビリティは、全長2450×全幅1090×全高1500mmとなる非常にコンパクトなBEV。ポラロイドカメラをモチーフにしたレトロ感を持ちながら、前後対称という近未来的なデザインが特徴だ。

定格出力0.59kW、航続距離は100kmと控えめだが、これは「チョイ乗り」、つまりごく近距離の移動にターゲットを絞った設計なればこそ。性能を抑えることで、100万円を切る価格での販売を目指す。

KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)

維持費の安さも魅力だ。いわゆるミニカー登録となるため、原付のオートバイと同等の維持費で、電気自動車を日常の足にできる。家庭用の100Vコンセントでも充電できるため、家電感覚で車を使うことが可能となる。

KGモータースは本車を2025年に発売することを目指しているが、それに先駆けてモニター車のリースを行う。モニターは現在募集中で、専用のウェブサイトから応募できる。

KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)KGモーターズ ミニマムモビリティコンセプト(東京オートサロン2023)
《ショーカーライブラリー》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集