ランボルギーニ ウラカン、オフロードも走れる「ステラート」発表…610馬力V10搭載

ランボルギーニ・ウラカン・ステラート
  • ランボルギーニ・ウラカン・ステラート
  • ランボルギーニ・ウラカン・ステラート
  • ランボルギーニ・ウラカン・ステラート
  • ランボルギーニ・ウラカン・ステラート
  • ランボルギーニ・ウラカン・ステラート

ランボルギーニは11月30日、2ドアスーパーカーの『ウラカン』のオフロード仕様、「ウラカン・ステラート」(Lamborghini Huracan Sterrato)を欧州で発表した。

「ウラカンEVO」に対して、車高を44mm引き上げた。サスペンションのストローク量も増加する。全幅もワイド化された。フロントアンダーボディプロテクション、サイドステップ、ホイールアーチ、リアフードのエアインテークを装備する。ルーフスクープは、ほこりっぽい道路でエンジンにきれいな空気を供給するための専用装備だ。

機械式リア・セルフロッキング・ディファレンシャルを備えた電子制御式四輪駆動を組み合わせる。土や砂などの未舗装路において、高いパフォーマンスを発揮できるように設計されている。

排気量5204ccのV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最大出力610hp/8000rpm、最大トルク57.1kgm/6500rpmを発生する。トランスミッションは、7速デュアルクラッチ。0~100km/h加速3.4秒、最高速260km/hの性能を可能にしている。

《森脇稔》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集