ヤマハ、スポーツツアラー『トレーサー9 GT+』をEICMA 2022に出展へ…レーダー連携ブレーキ

ヤマハ・トレーサー9 GT+
  • ヤマハ・トレーサー9 GT+
  • ヤマハ・トレーサー9 GT+

ヤマハ発動機は、11月8日からミラノで開催される世界最大規模のモーターサイクル展示会「EICMA:ミラノモーターサイクルショー」に欧州向けスポーツツアラーの新製品『トレーサー9 GT+』を出展する。日本での発売は2023年夏以降の予定。

トレーサー9 GT+は、「The Multirole fighter of the motorcycle with advanced technologies」をコンセプトに開発。スポーツ性と実用機能を備えた『トレーサーGT』をベースにミリ波レーダーを搭載。レーダー連携ユニファイドブレーキシステム(UBS)やアダプティブクルーズコントロールを追加し、高速道路などでのライダー負担を軽減する。

UBSはミリ波レーダーとIMU(慣性計測装置)が感知した情報をもとに、前走車との車間に対し、ライダーのブレーキ入力が不足している場合、前後配分を調整しながら自動でブレーキ力をアシストする。ミリ波レーダーとUBSの連携した機能はモーターサイクルでは世界初。さらに電子制御サスペンションも連動させ、ライダーに負担の少ないフィーリングを実現する。

アダプティブクルーズコントロールは、高速道路などで先行車両に追いつくと一定の車間を保って追従走行。ヤマハのモーターサイクルとしては初採用となる。

このほか、加速時、減速時に関わらずシフトアップ&ダウンに対応する第3世代クイックシフターや、 イルミネーションライト装備の新ハンドルスイッチ、スマートフォンとの接続によりナビゲーション機能も使用可能な7インチ高輝度TFTメーターを装備する。

《纐纈敏也@DAYS》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集