V8プラグインハイブリッドで過去最強のスーパーセダンに…BMW M5 次期型プロト車両をスクープ

BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)

BMWは現在、欧州Eセグメントのベンチマークとされる『5シリーズ』次期型を開発中だが、その頂点に設定される『M5』の最新プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

7代目となる現行5シリーズ(G30型)は2016年に登場、翌2017年には最強モデルのM5が設定された。2020年6月にはフェイスリフトが執行されたが、いよいよ第8世代へとバトンタッチされる。

次期型で最もエキサイティングなニュースは新しいパワートレインだろう。一部の愛好家はプラグインハイブリッドシステムを嘆くかもしれないが、その心臓部には、「XMコンセプト」と同様のV型8気筒エンジンと高性能電気モーターを搭載。最高出力は750ps、最大トルク999Nmを発揮、これまでで最も強力なM5として2021年に発表された非ハイブリッド「M5 CS」の636psを大幅に上回ることになる。また噂されるフルエレクトリック版『i5M』では3モーターを積み、最高出力811psを発揮すると予想されている。

BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)

捉えたプロトタイプは、ボディを完全にカモフラージュし、ヘッドライト&テールライトにはダミーコンポーネントが装備された開発初期車両だ。しかし、左右、後部の3つの側面に「Hybrid Test Vehicle」(ハイブリッドテスト車両)のステッカーが貼られ、フロント左フェンダーには充電ポートを完備、プラグインハイブリッドモデルであることがわかる。

フロントエンドには、物議を醸す巨大キドニーグリルではなく、通常サイズのグリルを装備。側面では、フラッシュドアハンドル、エッジの効いたショルダーライン、上向きにスイープするベルトラインが見て取れる。またバッテリーパックが車軸の間に取り付けられ、重量配分が改善されているためか、サイドスカートが大きい。また後部ではクワッドエキゾーストパイプをインストールし、足回りには巨大ブレーキシステムを装着。リアディスクもかなり巨大で、高性能な「M」モデルであることを印象付ける。

BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)BMW M5 プロトタイプ(スクープ写真)

インテリアでは、『iX』でデビューしたカーブディスプレイを採用。シンプルなギアシフター、最新のステアリングホイールなどが装備されるだろう。

5シリーズ次期型は、フルエレクトリック版「i5」とともに2023年半ばにデビュー。M5はその半年から1年後の2024年内の登場が期待される。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集