【ダイハツ ハイゼットカーゴ&アトレー 新型】福祉車両スローパーもスペース拡大[写真12点]

ダイハツ・アトレースローパー新型
  • ダイハツ・アトレースローパー新型
  • ダイハツ・アトレースローパー新型
  • ダイハツ・アトレースローパー新型
  • ダイハツ・アトレースローパー新型
  • ダイハツ・アトレースローパー新型
  • ダイハツ・アトレースローパー新型
  • ダイハツ・アトレースローパー新型
  • ダイハツ・アトレースローパー新型

ダイハツ工業は、軽ワンボックス『ハイゼットカーゴ』と『アトレー』のそれぞれ新型を、12月20日に発売した。車いすユーザーが車いすごと乗降できる福祉車両の、「ハイゼットスローパー」と「アトレースローパー」も新型ベースになった。

「スローパー」は車両後部に折りたたみ式のスロープを装備、電動ウインチ式昇降装置とスロープによりバックドアから車いすの乗降を可能とした仕様だ。ダイハツの福祉車両「フレンドシップシリーズ」は、「車いす移動車・昇降シート車・回転シート車・運転補助装置付車」2020年度国内軽福祉車で販売台数第1位(ダイハツしらべ)と、好評だ。

新型スローパーでは車いす乗車スペースの拡大と使い勝手の良さの向上を図った。ベース車同様、車体のスクエア化により室内空間を拡大、ウインチボックスの見直しにより、ゆとりある車いす足元スペースを実現した。また、リヤシート(助手席側)の大型化によりフロントシート同様の乗り心地としながら、従来型と同等の車いす乗車スペースを確保している。さらにスロープについて前倒し機構を採用し、普段使いでの使い勝手を向上させた。

《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース