「轟音東京」SUPER GT/SF/MotoGP、最高峰マシンが都心で疾走 12月19日

SUPER GT、スーパーフォーミュラ、MotoGPなど、最高峰マシンが集結する都心型複合モータースポーツイベント「Red Bull Race Day」が12月19日、東京の明治神宮外苑特設コースで開催される。

イベントコンセプトは「轟音東京」。レッドブルだからこそ集めることができる最高峰モータースポーツマシンが都心に集結する。日本国内外で活躍するドライバー&ライダーが明治神宮外苑 特設コースを轟音で疾走。東京に轟音を響かせ、五感を刺激するイベント体験を通じて日本に翼をさずける。

参加マシンとドライバーは、SUPER GTがTEAM Red Bull MUGENのホンダ『NSX-GT』(笹原右京/大湯都史樹)、スーパーフォーミュラがRed Bull MUGEN TEAM Gohの『SF19』(大津弘樹)、MotoGPがLCR HONDA IDEMITSUのホンダ『RC213V』(中上貴晶)の3台がすでに決定。入国規制の影響によりF1マシンの参加はないが、さらに魅力的なマシンの調整・交渉も現在行っているという。

Red Bull Race Dayは通常の現地観覧に加え、ピットの裏側も体験できるオンライン特別有料配信、イベント模様にフォーカスしたRed Bull TVでの無料配信も用意する。現地&オンライン観覧チケットは10月11日よりファミリーマート限定で販売開始。現地観覧チケット(抽選)は2500円で、10月17日まで申し込みを受け付ける。オンライン特別有料配信(先着)は800円で発売中。

なお、Red Bull Race Dayは、「自転車とクルマの交通安全の啓蒙」を目的とした、日本サイクリング協会との共催によるイベントとなる。当日はレッドブル・アスリートによるトライアルバイクショーや自転車ワークショップなども併せて実施する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース