【東京モーターサイクルショー2022】新しい様式で3年ぶり開催…東京ビッグサイト 3月25-27日

東京モーターサイクルショー協会は、「東京モーターサイクルショー」の3年ぶり開催に向け始動。10月(予定)より出展者の募集を開始する。

東京モーターサイクルショーは、モーターサイクル産業の振興と、健全なモーターサイクル文化の育成・普及を通じ、豊かな社会生活の実現と経済の発展に寄与することを目的に、1971年に第1回が開催されて以来、来年で49回を迎える。2020年(47回)、2021年(48回)の2年間は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響で中止となったが、第49回は二輪業界の活性化に貢献するため、ウィズコロナ時代に相応しい新しいイベント様式で開催を目指す。会期は2022年3月25日から27日の3日間、会場は東京ビッグサイト(東京都江東区)を予定している。

現在、新型コロナの感染拡大が懸念される中、東京モーターサイクルショー協会では、開催の是非について関係各所や当局と様々な意見交換を重ねている。開催に向けては、感染拡大防止対策を徹底し、マスク着用、体調・検温チェック、消毒や換気、三密・飛沫防止対策はもちろんのこと、館内滞在者数管理を行うなど、可能な限りの感染予防対策を講じる。ただし今後、緊急事態宣言の発令をはじめ、政府や東京都、会場などからイベント自粛などの要請があった場合は中止となる場合もある。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース