スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP

SUBARU(スバル)は9月21日、新型『アウトバック』(欧州仕様車)が、ユーロNCAPの2021年安全性能テストで、最高評価「ファイブスター」を獲得したと発表した。スバルがユーロNCAPでファイブスターを獲得するのは、2019年の『フォレスター』に続いて9度目。

2021年安全性能テストでは、「成人乗員保護」「子供乗員保護」「歩行者および自転車保護」「安全運転支援」の4項目にて安全性能が評価され、新型アウトバックは全項目でファイブスター認定の要件となる基準点を上回る点数を獲得。中でも、「安全運転支援」および「歩行者および自転車保護」の項目では、2020年安全性能テストから適用された最新基準での評価を受けた全車種のうち、最も高い点数を獲得した。

新型アウトバック(欧州仕様車)は、2021年に発売。ステレオカメラを広角化し機能を向上させた「新世代アイサイト」を搭載している。また、万が一の衝突時に、自車乗員の保護に加え相手車両へのダメージも軽減することを目的に、「セカンドロードパス構造」を取り入れ衝撃吸収性能を強化。さらに、衝突時に自動でブレーキをかけ減速することで多重事故の危険を低減する「ポストコリジョンブレーキコントロール」をスバル初採用するなど、衝突安全性にも磨きをかけた。

なお、9月2日に日本で先行予約を開始した新型『レガシィ アウトバック』(日本仕様車)にも、新型アウトバック(欧州仕様車)同様、セカンドロードパス構造およびポストコリジョンブレーキコントロールを採用している。

《纐纈敏也@DAYS》
【画像】スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP(2枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース