北米カーオブザイヤー2022、日本車はホンダ シビック 新型…第2次選考8車種

北米カーオブザイヤー主催団体は9月21日、「2022北米カーオブザイヤー」(2022 North American Car of the Year)の第2次選考8車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今年で29回目だ。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

2022北米カーオブザイヤーの第2次選考8車種は、以下の通り。

●アウディA3新型
●キャデラックCT5-Vブラックウィング
●ジェネシスG70
●ホンダ・シビック新型
●ルーシッド・エア
●メルセデスベンツEQS
●メルセデスベンツSクラス新型
●VWゴルフR/GTI新型

日本メーカーでは、ホンダ『シビック』新型が唯一、ノミネートされた。前回は、レクサス『IS』改良新型、日産『セントラ』新型、アキュラ『TLX』新型の3台が、ノミネートされていたが、今回は日本メーカーからは1車種のみが選出された。

また欧州勢では、アウディ『A3』新型、メルセデスベンツ『EQS』、メルセデスベンツ『Sクラス』新型、VW『ゴルフR』新型と『ゴルフGTI』新型が選ばれた。前回は、新型『4シリーズ』をはじめ、新型『3シリーズ』と改良新型『5シリーズ』の両プラグインハイブリッド車(PHV)がノミネートされていたBMWは、今回は選出されていない。

EVでは、メルセデスベンツEQSと、テスラのライバルと称される米国のルーシッド・モーターズの新型EVセダン、『エア』がノミネートされている。

2022北米カーオブザイヤーは2022年1月、米国で発表される予定だ。前回は、ヒュンダイのコンパクトカーの『エラントラ』新型が、北米カーオブザイヤーを受賞している。

《森脇稔》
【画像】北米カーオブザイヤー2022、日本車はホンダ シビック 新型…第2次選考8車種(8枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース